各地への所要時間は?

航空規制の緩和や格安航空会社の相次ぐ参入によって、国内移動における飛行機の利用という選択肢が見直されています。
飛行機のその他の移動手段と比べた最大のメリットはその移動時間の短さです。
東京を起点に考えると、最北の北海道までもおよそ2時間以内、最南の沖縄までも2時間少々で行くことが出来ます。それぞれその他の移動手段を利用した場合、丸一日あるいはそれ以上かかる事を考えると、とても利便性が高いという事がわかります。また、ビジネス利用者などの利用も多い、東京、大阪間も新幹線を利用すると2時間半程度かかるのに比べて飛行機の場合は1時間程度で行くことが出来てしまいます。空港へのアクセスが著しく悪いという人でない限りは鉄道やバスなどよりも移動効率の良い移動手段と言えます。
更に格安航空会社の参入などもあり、価格的にも従来以上に安くなってきていますし、購入方法もその他の移動手段と変わらず、窓口やインターネット決済が出来るなど非常に簡単なので、幅広い層に受け入れられています。